DIYに挑戦しよう!初心者向けDIYの始め方について


DIYを始めるメリットとは

DIYの最大のメリットは、低コストでリフォームをすることが可能ということです。コストが材料費だけとなるため、既製品を買うよりもうんと安くすみます。また、DIYを得意とすることで、周囲から頼りになる存在として認知されるようになります。DIYできない場合、何かトラブルがあった場合は全て専門業者に頼んで対応してもらうことになるでしょう。こんな時、DIYができる人がそばにいれば、「こうした方が良いよ」と助言をしてくれたり、応急処置をしてくれたりと、非常に頼りになります。台風が来て窓が割れたとしても、DIYができれば、応急処置で暮らしを守ることもできるでしょう。

DIYを始める流れを紹介

まずは、何を作るのかを決めましょう。初心者にオススメなものに、棚、テーブル、いすなどがあります。作るものが決まったら、大きさを決めて、設計図を描きます。設置する場所の採寸をし、幅、高さ、奥行きなどの数値を設計図に書いていきましょう。インターネットなどで検索すると、作り方や必要になる道具、材料が詳しく書かれており、参考になります。設計図が完成したら、材料を買いに行きます。初めて作るならば、失敗することを見こして、多めに買っておくのが良いでしょう。

買ってきたら、設計図通りに材料をカットしていきます。さしがねを使い木材に目印をつけ、のこぎりやジグソーを使ってカットしていきます。カットしたものはやすりをかけていき、切断面をキレイにしていきましょう。自分の好きな色に塗装したり、ワックスをかけたりして、組み立てをし、完成です。最初は上手く行かないこともあるかもしれませんが、ワクワクしながら多くの経験を積むことで、DIYの技術を着実に磨くことができます。

消泡剤は、液体にできた泡を消すための添加物です。健康診断などで胃カメラを使用する際、胃液の泡を取り除くためにも用いられます。