失敗したくない!CAD導入の時にチェックしたいこと


業務に合っている物を選ぶこと

CAD導入の時に失敗しないよう、押さえておくべきポイントの一つが、自社の業務に必要な機能が入っているかどうかです。自社の業務に必要のない機能の入っている物を導入しても、資金の無駄となっている可能性は高いといえます。例えば水道工事を行うことを専門にしている企業にとって、汎用CADよりも水道工事特化型を導入したほうがコストを抑えられるだけではなく、利用しやすいです。業務がある程度特化している場合は、できるだけ導入する物についても業務に合っている物を導入することで、利用しやすくなります。また、利用した人たちの意見を参考にして導入することで、利用しやすい物を見つけられるため、必ずチェックすることを忘れないでください。

試用版を使って使いやすさを確認しよう

導入するにあたり自社の業務に合っている物を見つけるために、無料で試せる試用版を利用する人も少なくありません。1ヶ月だけ無料で使えて、その後はアカウントを購入することで利用が可能となります。商品の使い勝手も理解できるため、自社に合った物を選びたいと考えている人には最適です。複数の企業の出している物を直接利用してみることで、操作しやすさがはっきりします。適切に使いやすい物を選ぶことこそ、自社の業務効率をアップさせるために必要です。CAD導入の際には利用しやすさを確認してから導入することが重要です。特に3DCAD導入を検討している場合、費用が高額となることもあるため、必ず試用版を試すことで納得できる形で導入できます。

電気CADとは、電気設計をサポートする機能が充実しているパソコンのソフトウェアのことです。製図や設計の際に使用します。